top of page
Search

New family law system 新しい家族法制度

What should we be looking for from the new family law system in Japan? Part One

日本の新しい家族法制度に何を求めるべきか?前編

Catherine Henderson 13th March 2024


How will we know if the new family law system in Japan is successful and not merely a band aid to deflect international criticism and local dissatisfaction?


Firstly, there needs to be an improvement in the family violence (DV) system in Japan. To the greatest extent possible genuine domestic violence victims need to be protected. No one wants any victim, male or female or child to be placed in harm's way. 


Education about domestic violence in society needs to be increased. Perpetrators need counselling and support to reduce the chance of reoffending. Education on how to handle domestic violence claims is essential for first-line workers such as nurses, police and city hall staff.


日本の新しい家族法制度が成功し、国際的な批判や地元の不満をそらすための応急処置に過ぎないかどうか、私たちはどうやって判断するのだろうか?


まず第一に、日本の家庭内暴力(DV)制度を改善する必要がある。本物のDV被害者は可能な限り保護されなければならない。男女や子どもを問わず、被害者が危険な目に遭うことは誰も望んでいない。


社会におけるDVに関する教育を強化する必要がある。加害者は再犯の可能性を減らすために、カウンセリングと支援が必要である。看護師、警察、市役所の職員など、第一線で働く人々には、DV被害をどのように扱うかについての教育が不可欠である。


Secondly, there needs to be strong penalties for false DV claims used for the purpose of securing sole custody. People who are accused of DV need to be informed appropriately and the investigation process needs to be fair and transparent. 


Thirdly, parental child abductions for the purpose of obtaining sole custody need to be made illegal. These should be rigorously investigated by the police. Legal consequences of unjustified abductions need to be swift and substantial.

第二に、単独親権を確保する目的で利用された虚偽のDV申し立てに対して、強力な罰則を設ける必要がある。DVの嫌疑をかけられた人々には適切な情報が提供され、調査プロセスは公正で透明性のあるものでなければならない。


第三に、単独親権取得を目的とした親による子の奪取を違法とする必要がある。これらは警察によって厳格に捜査されるべきである。不当な連れ去りに対しては、迅速かつ実質的な法的措置が必要である。



102 views0 comments

Recent Posts

See All

コメント


bottom of page